井上尚弥 vs ルイス・ネリ戦を見て思ったこと

34年ぶりの東京ドームボクシング興行で、4団体統一世界スーパーバンタム級王者の井上尚弥(31=大橋)が挑戦者ルイス・ネリ(29=メキシコ)を6回1分22秒TKOで下し、4本のベルトを守った。東京ドームで日本人初のメインイベンターとして、日本人にとっての最大のヒールである“悪童”を倒し、元WBC世界バンタム級王者・山中慎介氏の敵討ちに成功。初の世界王座奪取から節目の10年、4万人超の観客の前でボクシング史に名を残す歴史的1勝を挙げた。

ネリTKO負け…試合後、尚弥に駆け寄って勝利称える紳士な対応 ファン「大健闘」「悪童から卒業!」の声 - スポニチ Sponichi Annex 格闘技
34年ぶりの東京ドームボクシング興行で、4団体統一世界スーパーバンタム級王者の井上尚弥(31=大橋)が挑戦者ルイス・ネリ(29=メキシコ)を6回1分22秒TKOで下し、4本のベルトを守った。東京ドームで日本人初のメインイベンターとして、日本...

最高の試合を見れた。結果も文句なし!日本に井上尚弥あり!!

もう賛辞を惜しまずに伝えたい。
きっと今この瞬間、日本中の人がそうなんだろうと思う。

自分もそう。やっぱ井上尚弥すげーわ!ってことでその興奮を書きたいな…と思っているんだけど、1つだけ気になることがある。

 

それが、初ダウンを取られたということ。

そういう日が来ることもわかっているし、相手も研究しているからそういうこともあるのは分かっている。わかっているんだけど、個人的にずーっと思っていることがある。

井上尚弥は右目の視界が悪い、もしくは視力が著しく落ちているのではないか?”ということ。

 

ドネアの左パンチで右眼窩底骨折を負い、それ以降右目の視力に問題を抱えている気がする。

井上尚弥 右眼窩底骨折で「ドネアが2人に…」、想定外危機も勝利つかんだひらめきと冷静判断― スポニチ Sponichi Annex 格闘技

もちろん、治療をし、回復もしているということは分かっている。分かっているが、どうもそれ以降、右目の視界に問題を抱えているというか、相手の左パンチを貰いやすくなっている気がする。

 

フルトン戦かタパレス戦かで相手の左パンチが当たっている。

パンチの打ち終わりの資格からのフック気味のパンチが入っているが、これは相手が上手いのはもちろんだとは思う。思うが、同じ軌道のパンチを井上尚弥が何度ももらうことがどうも解せない。

打たせないように対応しているとは思うけど、打ってきた場合の想定をしていないのかがどうも気がかり。打ってきた場合を想定して対処しようとしているが、見えてないから対応できない。そんな理由でパンチが当たっているんじゃないか?と思っている。

今回は、井上尚弥がパンチを打とうとして体重移動していたところへのパンチという事もあってダウンとなってしまったけど、同じ軌道のパンチを貰いすぎというか・・・。

 

当然このようなことはこれからの対戦相手は絶対に分析して、井上の右目の死角であろうところからのパンチを浴びせる作戦を練るとは思う。(いや、すでに練っているから、何度も似たシーンを見ているのかな…?)

いずれにしても、井上尚弥は今後も安泰なのかどうかが個人的にすっごく気がかり。

もしかしたらダウンを重ねて負ける日はそう遠くないのではないのか?という不安もわりかし強めに抱いている。

 

縁起でもないという話なのも重々承知。だけど、どうも気になって仕方がないし、やはり縁起でもないかもしれないけど、生の井上尚弥戦を早めに見ておいたほうが良いような気もしている。

そんなことを思った井上尚弥 vs ルイス・ネリでした。

タイトルとURLをコピーしました