映画「ゴジラ-1.0」を見た感想

3.0
映画

アカデミーの視聴効果賞を受賞した「ゴジラ-1.0」。amazonプライムビデオで視聴。

率直なところ、期待値を上げすぎてしまった…というのが感想。
そんな「ゴジラ-1.0」を見て思う事のあれこれ。

映画「ゴジラ-1.0」

戦争によってなにもかもを失った日本は、焦土と化していた。戦争から生還するも、両親を失った敷島浩一は、焼け野原の日本を一人強く生きる女性、大石典子に出会う。戦争を生き延びた人々が日本復興を目指すなか、追い打ちをかけるかのように、謎の巨大怪獣ゴジラが出現。圧倒的な力を持つゴジラに、人々は抗うすべを模索する。

ゴジラ-1.0:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ゴジラ-1.0(2023年11月3日公開の映画)の作品情報。あらすじ、上映スケジュール、評価・レビュー、関連ニュース。ゴジラ70周年記念作品として制作されたゴジラ作品30作目。山崎貴が監督・脚本・VFXを手掛け、『君の…
映画『ゴジラ-1.0』公式サイト
2023年11月3日(金・祝)公開 監督・脚本・VFX:山崎貴
監督 山崎貴
脚本 山崎貴
キャスト 神木隆之介
浜辺美波
製作年 2023年
公開日 2023年
上映時間 125分

映画「ゴジラ-1.0」の感想

永遠のゼロ感

見た人なら細かく説明しなくても分かると思うけど、終盤の「永遠のゼロ」感がすごくて、こりゃフラグ立ちまくってるな…と。

日本人が戦後の日本を撮ると、やっぱり特攻隊って設定が魅力的に感じるものなんかな・・・?とか思ったり。

またもや浜辺美波!?

もはや、邦画の日っと作品に浜辺美波あり!というべきか。個人的には「ゴジラ作品に連続!?」と驚きもしたけど、調べてみるとシンゴジラ作品には出てなかった。

シン仮面ライダーに出ていて、それがシンゴジラに出ていると記憶の中で混同していて…今回ゴジラを、まいっか。

とにかく浜辺美波が出ると画が持つ!

ゴジラはゴジラしていた

ゴジラは文句なしにゴジラ感があった。想像するゴジラ、覚えているゴジラそのものというか。

まるで波動砲を打つかのようなゴジラは絶望的でなかなか良かった。もっともっと大暴れしてくれても良かったぐらい。

そっか、主役はゴジラなんだと思い出させてくれる。

期待値を上げすぎた…

正直なところ、期待値を上げすぎた自分が居る。
面白いらしい、口コミ評価が高い…などの予備知識が豊富なせいか、イマイチ楽しめなかった。

ゴジラが出てくる、なんとかする、なんとかなった・・・あれ?みたいな。

これはきっと映像を楽しむ映画なんだな…映画館で見るべきだったんだ…と気づいたのは終盤。

そういうわけで・・・

映画「ゴジラ-1.0」を見た感想を書きましたが、全体的な感想としては「まあまあかな・・・」と。

映画館で予備知識薄目で見ていたら多分「よかった!」となると思うんだけど、パソコンで見るとどうしても話のシンプルさに物足りなさを感じてしまった。

タイトルとURLをコピーしました